祝姫 1

 2016-01-29
img485_20160129201244382.jpg
タナカトモ先生


うそだ 夢だったはずなのに


「祝姫」第一巻。


とある田舎町に引っ越してきた主人公・煤払涼。
親戚の少女・春宮椿子のアパートで一人暮らしを始め。
彼女と同じ学園に通うこととなり。
クラスの雰囲気も良く、楽しい新生活が始まろうとしていました。

しかし教室で一人浮いているクラスメイトが。
いつも日本人形を抱き、うわごとのような呻き声を発する少女に誰も関わらない。
涼はだんだんとその子が気になり始めるのでした。


ということで。
脚本に「ひぐらし~」の竜騎士07先生を迎えたホラーストーリー。
日本人形出てくる系はわかっちゃいるけど怖い!
アニメのフィギュアは動いたらたぶん嫁にしますけど。

陰でイジメを受けている不思議少女・黒神十重を助ける主人公・涼でしたが。
その夜、十重とバケモノが出てくる異様な夢を見ます。
朝になって起きても残る身体の傷・・・

最近めっきり減った純粋なホラー作品ですね。
現実なのか夢なのか、よくわからない事象と不気味な雰囲気。
閉鎖的な古い町に残る伝承。
こういう和風怪奇作はほんと生々しくて怖いねえ。
涼をとりまく椿子ら登場人物たちにも闇があるようで謎は深まります。

関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/3638-39b8cd09
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫