プロメテオ 1

 2016-01-23
img472_2016012300121319f.jpg
小野洋一郎先生


人間がいる限り 戦争はなくならない


「プロメテオ」第一巻。


ヒロイン・真壁香織。
彼女はジャーナリストとして亡き父の意志を継ぎ。
戦場カメラマンとして最前線へと赴くのでしたが。
そこで一人の日本人と出会います。

主人公・九条勇。
武器商人として一流である彼に興味を持った香織は。
彼の「死の商売」に嫌悪しつつも。
平和ボケと言われた自分に自問自答を繰り返すことになるのでした。


ということで。
原作・北原雅紀先生。
今も地球上のどこかで行われている戦争。
その影に必ず潜む「死の商人」の物語です。

Mrクジョー、渋すぎる!
金に、ビジネスに厳しい彼は世界に名だたる武器商人。
アメリカ特殊海兵隊・シールズの出身ということもあり最強。
常人離れした戦闘力はゴルゴ13にも匹敵するのではないか、という感じです。
彼に付きまとう香織はちょっと可愛すぎて、この世界には不似合いな気がします。

日本でも武器輸出にゴーサインが出た現在。
まあ、いくら性能が良くても。
値段が高くて実戦経験も薄いのであまり売れてないらしいですけど。
それでもいつの日か、日常が戦場になるやもしれません。

関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/3625-f02d03ce
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫