FC2ブログ

聖骸の魔女 2

 2015-12-01
img436_2015120100032127a.jpg
田中ほさな先生


我が背に見せてなるものか


「聖骸の魔女」第二巻。


はぐれ魔女「アダンテ」を追い。
教会から遣わされた主人公・ニコラと。
彼と契約、妻となった魔女「エゼルバルド」と「ウプスラ」

彼らの次なる目的地である街は、常に争いの絶えない異様な光景で。
領主である女性シビラに拘束されてしまうニコラ。
彼女こそが「憤怒の魔女」であり。
主人を救出しに来たエゼルも捕らえられてしまうのでした。


ということで。
ちょっと冴えない主人公と絶世キレイ系魔女たちの中世・世直し旅も第二巻。

憤怒の魔女シビラの罠にはまり、非道な拷問を受けるエゼル。
ニコラは怒りをたぎらせ、シビラの思惑通りになるはずでしたが。
彼女は悲鳴一つ上げず耐え忍ぶ。

ここの描写、ただただ、美しい。

苦しみを与え、許しを請い本性を現せるはずの拷問でありますが。
エゼルにはまったく効かず。
あくまでニコラの為に拷問を耐え切った美女はいじらしい一面も持っており。
それに涙するニコラ。
その涙で無敵の魔女に変化するエゼルの活躍、の流れは素晴らしいの一言です。

関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/3591-ad515390
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫