プラスティック・メモリーズ 2

 2015-11-27
img434_20151127003710dc2.jpg
祐佑先生


これだから素人は!


「プラスティックメモリーズ」第二巻。


ギフティア回収業という窓際部署に配属されて、早一年。
多少は仕事も慣れてきたミチルでしたが。
水柿ツカサという予期せぬ新人が入社してまいりました。

新人に素っ気無い態度をとってしまったものの。
内心はどう接して良いのか解らず困惑するミチルなのでした。


ということで。
もうアニメ放映からしばらく経ちましたが。
アンドロイドと人間との生き別れを描いた物語「プラスティックメモリーズ」
今作はサブキャラクター・ミチルから見た視点での物語です。

ミチルはアニメを見た方にはお馴染みのツンデレキャラクター。
クチや態度では一応先輩らしく強がっては見るものの。
本心ではもうドキドキで。
アニメでは見られなかったミチルの心情やら。
ツカサたちを陰ながらサポートする姿などが鮮明に描かれております。

近親者との永遠の別れという。
見た目よりも重いストーリーな中で。
暗い過去の思い出を断ち切るようなミチルの凛とした顔が印象的でした。

関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/3589-38f81f38
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫