茄子とアルタイル 1

 2015-07-01
img362_20150701063253596.jpg
大野ツトム先生

おっぱいいっぱいうれしいなー♪


「茄子とアルタイル」第一巻。


主人公高校生・万田光雄は通称・委員長で通っている優等生なのですが。
可愛いものを見るとほっぺたに激痛が走る難病をかかえていました。

父親を亡くし、義理の母・みなとと2人暮らし。
しかしその義母は光雄の難病が常に発病してしまうほど可愛いのでした。


ということで。
ロリロリとした可愛い「幼な母」との禁断の恋を描いたストーリー。

息子の気持ちなど露知らず。
私だってまだまだ若いんだからねと。
母は制服コスプレしてみたり、薄着で無防備な姿を晒したりと。
現役男子高校生相手に、気の毒に思うほど刺激してくるのです。

またこのテのエロラブコメか。
と、読み始めた時はちょっとガッカリしたのですが。

母親・みなとさんは純粋で可愛く元気一杯。
まあ、少しばかり息子の気持ちも考えず無防備になっちゃったりもしますが。
それでも亡き旦那の忘れ形見である光雄を。
家族として愛しているというのはしっかりと伝わってきます。
息子も一線を越えてはならないというのは自覚している模様で。

今は光雄も「秘めたる恋」で我慢していますが。
可愛すぎるお母さん。
男子高校生の溢れるリビドーがいつまで耐えられるか。
こういうハンパな恋もアリかなと思わせる作品なのです。

関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/3519-b8dcd17b
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫