白い魔女 1

 2015-06-20
img355_20150620220921d70.jpg
白狼先生


やらなきゃ やられる・・・ だろ?


「白い魔女 美しきスナイパー」第一巻。


1941年、フィンランド。
物量で勝るソ連の侵攻を喰い止める部隊がありました。
ユーティライネン中尉が率いる通称・カワウ中隊。
今回、彼女らの使命はドイツからの留学生の少女を救出すること。
そこには「白い魔女」と呼ばれた一流の狙撃手シモ・ヘイヘが居たのでした。


ということで。
原作・永川成基先生。
実在した世界最強のスナイパー、白い死神シモ・ヘイヘがモデルの物語。
歴史上の人物が次々と美少女にされちゃうマンガ世界って・・・最高。
ちなみに上官のユーティライネン中尉の妹さんはあの「エイラさん」ですって。


ドイツ人の少女を救出し。
同盟国ナチスドイツを頼ろうとするも。
「少女は殺された」というプロパガンダに利用され頼れなくなった現状。
ソ連のスナイパー・アプラプコフに執拗に狙われる。

人物は女性化されていますが、リアルに描かれた東部戦線。
ブラックラグーンのレヴィみたいな荒くれ女みたいなのも多々。
スナイパー独特の緊張感溢れる雰囲気が読み手を戦場へと引き込みます。

関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/3511-13425c5a
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫