のりりん 11

 2015-04-24
img321_2015042404545109b.jpg
鬼頭莫宏先生


ばってん 道は続いとうと


「のりりん」第十一巻。


ヒロイン・リンの初恋の人が目の前に現れ。
意を決して話しかける彼女。

過去2人の男性に助けられ。
そのうちの1人に恋をしたリンでしたが。
話を聞くうちに初恋の男だと思っていたのは勘違いで。
彼女の好きだった人は主人公の丸子だったのでした・・・


ということで。
先生の趣味に走った作品も完結。
コラムのコメントなんかもしっかり読ませていただきましたし。
本当に自転車が好きなんだなあと感じさせてくれました。

リンちゃんの博多弁の謎解明や。
主人公の成長、恋するヒロインなどなど。
実に清々しいエンディングだったかと思います。
いつもはひょうひょうとしている感じのリンが
真実を知って泣いちゃうところとか流石だなあ、と。

こういう「好きじゃないとわからない世界」みたいなのも。
漫画で表現されると非常に取っ付き易く。
ロード、欲しい、乗ってみたい・・・という風になっちゃうんですよね。
私も乗りたくて、しょうがないのです。

関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/3469-38cf1e58
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫