イナバラビッツ 1

 2013-11-08
千明太郎先生
千明太郎先生


わ 私はその・・・フツーの女の子になりたかったのだ


「イナバラビッツ」第一巻。


発売明日かと思ってましたが。
本日出ておりました。
千明太郎先生の新刊「イナラビ」
可愛くてキャッチーな表紙絵に釘付けです。


祖父が宮司の因幡神社。
そこへ宮司見習いとして働くことになった孫の主人公・大国建一。
彼は幼い頃、神社で再会する約束をした女の子が居るのでした。

もしかしたら、彼女にまた逢えるかも・・・
建一はそんな淡い望みを持ちつつ因幡神社へ到着した矢先。
美少女にチカン扱いされ昏倒してしまうのでした・・・


ということで。
個性派美少女巫女が多数登場するちょっとHな和風ラブコメディです。

前前作「プリプリ」の舞台が教会だったのに対して。
今回はミニスカ巫女の和風路線ですね。
しかも霊力?が高まるとウサミミ尻尾付になるという
ストパンのオマージュ的な萌え要素を引っさげての登場です。

約束の彼女ではないのか? ツンデレのヒロイン「卯月」
ダイナマイトボディ&積極的な関西人「祭」
陰の支配者・ミステリアスな「時雨」
彼女こそまさにウサギ系ツインテールロリ「純」

主人公・建一をとりまく因幡神社女子寮美少女キャラクター。
流れは基本的に彼のラッキースケベ系ですけど。

ヒロインたちもエロス!

宮司の嫁になろうとか個々の思惑もあるのですが。
ウサギ巫女の性的本能、過剰なまでの発情衝動・・・

なんてところで良いところで第一巻が終了。
続きが楽しみですねえ。
ドラゴンエイジでは掲載されていなかった乳首券もモチロン発行済み!
卯月ちゃんのビーチクがバッチリですよ。

イナバラビッツ 1
特典カードも気合入ってます。



関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/3261-cce60b6e
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫