シェイファー・ハウンド 2

 2013-08-30
かたやままこと先生
かたやままこと先生


ユート君 正義の色は何色か知っているか?


「シェイファーハウンド」第二巻。


ストパン、ガルパン、カンコレと。
オタク世界で常識となりつつある旧ミニタリーワールド。
今や少々軍成分をかじっとかないと着いていけない!


時は第二次世界大戦、ドイツ。
ここに死をも恐れない果敢な女性だけの戦車隊がありました。
その名もシェイファーハウンド。
彼女らの隊長として赴任した主人公・ユート。

心優しきユートは彼女らを誰一人殺させまいと奮闘しますが・・・


アマちゃん隊長の本格戦争漫画ですね。
美少女いっぱいってのが、まあ、なんですが。

ソ連の戦車隊から勝利をももぎ取ったハウンド。
いざ帰還というところで犠牲者を出してしまいます。
落ち込むユートに休む間もなく新たなる指令が下ります。
戦地はノルマンディ。

対アメリカとの大激戦の始まりです。
これまた美少女ばかりの米軍空挺隊がパラシュートで降りてきます。
「フックを掛けろ」「降下30秒前!」
来た来た!
これですよ。
この辺は「バンドオブブラザーズ」や。
「プライベートライアン」などを観ていると燃え燃えですね。

脳挫傷で死んじゃうミカから衝撃的な展開でしたが。
リアル系戦争モノではアマちゃん隊長はだめですね。
ガルパンみたいな戦争ゴッコとは世界が違う。
この先、主人公が鬼となれるかが分かれ目という感じでしょうか。






IMG_2702.jpg
またファミマでミク祭りが開催。
夜食としていろいろ買い込んでみました。
焼き鳥ドッグがなかなかの旨さ。
中でもカレーパンは嬉しいね。
大好き。
でもビックリマンチョコ120円は高いよ!
関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/3219-d19e5693
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫