いかさま博覧亭 2

 2012-09-14
小竹田貴弘先生
小竹田貴弘先生


俺 今ならお前のためだけに片門閉められる


「いかさま博覧亭」第二巻。


新シリーズなので通算7巻目ですね。
私の好きな妖怪モノですが。
どちらかというと「江戸豆知識」漫画と言った方が良いかもしれません。

毎度、なるほどへえと感心しちゃう作品なのです。
「うだつが上がらない」の「うだつ」って?みたいな。
金持ちご用達のアイテムなのね。

今回は一応ヒロイン蓮花と巨乳八手ちゃんの出番はほぼ無し。
ネコちゃんが可愛くて。

生臭尼僧・石蕗さんがメインの巻でしたね。
彼女もまた妖怪みたいなものでして。
人魚の肉を食べたばかりに永遠の命を授かってしまったという。
首にえらっぽいのがあるのが何ともね。
ナイススポーツ刈り!
関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/3033-3f95434b
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫