ビブリア古書堂の事件手帖 1

 2012-06-22
ナカノ先生
ナカノ先生


ああ… でもその表情は… 反則だ…


「ビブリア古書堂の事件手帖」第一巻。


原作・三上延先生。
文学少女ストーリー。
夕方の川原の土手に立って興奮する少女の姿が目に浮かびますが。
今回はああいうんじゃなくてモノホンです。

主人公の家にあった祖母の形見の「夏目漱石全集」
漱石のサインらしきものがあり。
コイツはお宝鑑定団行きかと家族で盛り上がりましたが。
近所の古本屋「ビブリア古書堂」に持っていくと・・・

幼い頃。
主人公が漱石全集に触れただけで祖母に殴り飛ばされたことがあり。
それ以来、主人公は本嫌いになっていたのですが。
異様なまで誰にも触らせなかった漱石全集に隠された祖母の秘密とは。

私、気になります!

徐々に明かされていく事実。
謎解きモノとしても楽しめるのですが。

主人公と一緒に謎解きの手伝いをしてくれるのがヒロイン・篠川栞子。
RODクラスのビブリオマニアな彼女。
恥ずかしがり屋の美少女で、古書の知識量はパネエ感じで。
おまけに可愛い妹まで居るとな。
こんな美人とひょんなきっかけで知り合えた主人公が羨ましい。




関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/2959-6f2379b9
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫