朝霧の巫女 8

 2012-05-17
宇河弘樹先生
宇河弘樹先生


Z旗掲揚 全艦二列縦隊!


しゅー

シュークリーム頂きました。
私は酒より甘いものの方が一日の疲れ、癒されますよ。
今日も一日ご苦労さん。


「朝霧の巫女」第八巻・八岐大蛇編。


まだ続いておりました朝霧の巫女。
しかもまだ最終巻ではございません。
前巻の内容も忘れているので。
サラッと一回電車の中で流し読みしたくらいでは到底意味不明の内容です。

過去の亡霊たちが復活し日本存亡の危機。
コマを犠牲とし復活するヤマタノオロチ機関。
ヒルコ陛下率いる軍隊が狼煙を上げる中。
主人公・忠尋は柚子奪還のため動き始める・・・


という感じ・・・だと思う。
カッコいいのですが古い用語など飛びかうので難しくて。
解説本みたいなのが出ると助かるんですけど。
後半には砲弾飛び交う乱戦あり。
こんなゴチャマン見たことねえ! みたいな。
戦争モノということで水木先生や松本先生絵のパクリもご愛嬌です。


今回のヒルコ陛下のご様子。

きゃー
はい、来ましたよヒルコ様!
御身自ら旗艦・大和?に乗り込み指揮をとっておられます。
ギレン総帥ばりの玉音、惚れ惚れする。
こんな少女が日本のリーダーだったら私も進んで前線に向かいますよ。




関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/2930-06ed61be
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫