アーリオ オーリオ

La foresta di comics

境爛のクインナータ 1

あきづき弥先生
あきづき弥先生


なんか…しゃべるんです! ぬいぐるみなのに!


今日観たアニメとか。

咲阿知賀
暖房姉ちゃん、パッとしねえ!
最初から普通にぶてば良いのに。
中堅の天才ツインテもサラッと流されたし。

アムネジア
アカヒトサンのとこ。
くだらない話ではありましたが、画面演出こってたねえ!
ニーヤくんカッコいい。

シャイニングパン
甘い菓子パンを食いながら観てたので良い気分に。
ツンデレ先生も出てきましたし。
ラスト、ちょっとホロッときました。

フェイト
父親を殺し、今度は母代わりの人を殺した。
セイバーが何と言おうとキリツグ、やはり貴方は優しい男だった。
聖杯は彼が手にするのかなあ?


「きょうらんのクインナータ」第一巻。


祖母が亡くなり。
姉を頼って上京してきたヒロイン・近江沙羅。

その晩、いきなり異次元空間に巻き込まれ。
バケモノと戦う姉と遭遇してしまいます。
傷つき、倒れる姉。
間際にバケモノと戦うチカラは妹へと流れ込みます。
事情も何も知らない沙羅はこれからどうするのか・・・?


という感じの変身魔法少女モノ作品です。
魔法というかプリキュアみたいなアクション系。
表紙からじゃわからないね。

姉ちゃんやその仲間たちはバケモノとすでに何度もやりあってまして。
ヒロインがソコへ巻き込まれての参入という感じです。
お約束の「一度裸になってからの変身」シーンあり。

成り行きで変身少女になっちゃいましたが。
人々を傷つけるバケモノを倒すことを誓う沙羅。

ほんと、いたってシンプルな活劇ストーリー。
日曜の朝にアニメになってもいいくらいに。
マスコットキャラも含め、キャラが凄く可愛いです。

バケモノからダメージを受けるとちゃんと怪我しますが。
アレみたいに「即死」とか変な設定は無さそうで。
どうなんだろう、これからヒネリ設定とかあるのかなあ。




スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2012/05/15(火) 00:13:37|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<武蔵野線の姉妹 5 | ホーム | 魔法少女プリティ★ベル 7>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/2928-7d41b7df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

マウサー

Author:マウサー
私のお気に入りマンガを
紹介させていただきます

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ツイッター

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード