アーリオ オーリオ

La foresta di comics

CLOCK WORK 1

吉岡榊先生
吉岡榊先生


フリーダムってのは---俺達のための言葉だ


「クロックワーク」第一巻。


原作・富沢義彦先生。
石を投げると有名人に当たる。
時は幕末、維新後。
海外から帰った勝海舟の息子が主人公のガンアクション漫画です。

これは面白い!
主人公・勝小鹿がアメリカで学んできたのは精密機器の様な銃の腕。
しかし。
明治維新の終わり平和になった日本では不要者のはずだったのですが。
黒人の奴隷少女を救ったことから始まる大活劇。
こういうのワクワクしますね。

死んだはずの師匠・坂本竜馬が生きていて。
しかも暗躍する武器商人の大ボスになってたりして。
彼との対決は見ものですね。

その他新撰組の面々が登場、敵味方に分かれてのバトルロイヤル。
ヒロイン、主人公の妹など可愛いし何とも贅沢な作品となっております。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2012/04/12(木) 00:36:22|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ワンスアゲン! 1 | ホーム | 瑠璃垣夜子の遺言 1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/2905-25229f4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

マウサー

Author:マウサー
私のお気に入りマンガを
紹介させていただきます

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ツイッター

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード