黄昏乙女×アムネジア 6

 2012-03-22
めいびい先生
めいびい先生


貞一くんは わたしのために死んでくれるの?


「黄昏乙女アムネジア」第六巻。


萌え怪談マンガ、ついにアニメ化!
やったねえ。
どろどろと不気味な学校の怪談ストーリーに灯る一筋の萌え。
スーパー「どろデレ」タイムがお茶の間で楽しめるとは。
夕子さん曰く「見どころは骨!」だそうで。
いっそ、骨まで愛しちゃう。

して今回のマンガのほう。

学校の七不思議の一つ「異次元13階段」を調べる怪異調査部の面々。
暇だなオマエラ!
ツインテールの美少女が出てきたりして隠し部屋などが見つかりまして。
幽霊・夕子さんの秘密が徐々に明らかになっていきます。

もう一人の自分、闇・夕子を受け入れば。
忘れていた過去の真実が解るかもしれない。
だがもう。
その時は天に召され自縛霊として貞一の前には存在出来ないかもしれない。

真相に近づけば近づくほど2人の距離は広がっていく。
このもどかしさ、たまらないね。




関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/2884-32eb782b
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫