紫色のクオリア 1

 2012-02-28
綱島志朗先生
綱島志朗先生


あたしの携帯 どこにあるか知らない?


「紫色のクオリア」第一巻。


うえお久光先生原作。
「JINKI」「オリハルコンレイカル」でお馴染み綱島先生の新作です。
ということは・・・美少女+ロボ?
でしたでした。
今回もロボ登場ですよ。

人間がロボットに見えちゃうちょっと不思議ちゃん系ヒロイン「ゆかり」

「アンドロイドは電気羊の夢を見るか」的な。
ちょっと哲学っぽい雰囲気を匂わせ。
彼女の趣味はプラモ製作だと知りオタク心をくすぐられる。

もうこの辺で充分満足な内容なのですが。
連続殺人事件が始まっちゃったりして物語は急展開。
我らが美少女ゆかりが、ただのプラモマニアでないことを知る・・・

いろいろな要素が盛りだくさん、贅沢な漫画だなあ。
「マシンロボ クロノスの大逆襲」をナゼか思い出しました。


関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/2869-fbaf9a44
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫