乱飛乱外 9

 2011-05-11
田中ほさな先生
田中ほさな先生


これから先なにがあっても 私のとのは とのお一人だけです


「らっぴらんがい」第九巻・完結です。


落ちぶれ「若との」と「クノイチ」のお姫様探し道中も最終巻です。

宿敵「星眼」の城に乗り込む「雷蔵」
行く手を阻む星眼に操られたクノイチを倒しつつ。
待ち受けるは、さらわれた部下クノイチが一人「かがり」

記憶は失われ。
星眼を「我がとの」と認めた彼女の必殺・神体合が雷蔵に・・・


裏切りと愛と友情の大団円。
雷蔵の優しさがすべて良い方向へ流れましたね。


クノイチという女の子たちのため。
どんどん強くなりかっこよくなる雷蔵。
事件を解決し。
お姫様と仲良くなるかと思えば、泣く泣くさようならのパターン。

映画「男はつらいよ」を彷彿とさせる展開、楽しかったなあ。
優しい主人公と女の子いっぱい!
アニメ化しても売れますよ。


乱飛乱外9おまけ

特装版には豪華フルカラー小冊子付。
懐かしいシーンが思い出されます。
ゲストの「椎名高志」先生のかがりが良いんだ。


関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/2833-656285e3
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫