カブのイサキ 3

 2010-09-23
芦奈野ひとし先生
芦奈野ひとし先生


なんだと? 捨ててくぞ てめえ!


すいませんねえ。
いろいろとやることが多くて更新できずで。


スケールが10倍の雄大な世界。
配達屋見習いのイサキは飛行機カブに乗り千葉の鋸山で。
箱根の向こうに白い大きな山を見たのでした・・・


「カブのイサキ」第三巻。


× 一応ヒロインである「シロさん」
  前作ヨコハマ~のアルファさんのイメージもあってか。
  あんまし好きになれないんですよね。
  下町口調が気に入らないのか、どうもこう、違うんだよなあ。
  個人的好みな問題なのですが。


 この時間の流れが好き。
  10倍という世界も雄大で、時間の流れも10倍になってそう。
  標高3万7千メートルの富士山!
  でかすぎて真っ白ってところが良いよね。
  車で登れる5合目でもエベレストの倍か・・・登頂なんてとても無理。
  イサキの巡る恋のライバル「サヨリ」も本格参戦し嬉しい限り。
  カジカもゲロまみれで大変ね。




関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/2739-fdb066c5
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫