リンドバーグ 1

 2009-12-14
ゲッサン少年サンデーコミックスさま・アントンシク先生
ゲッサン少年サンデーコミックスさま・アントンシク先生

空に憧れ・・・ただ飛ぶのを夢みる奴に、悪人などいねえさ

空飛ぶ不思議なトカゲと飛ぶことを夢みる少年のファンタジー。

四方を断崖で囲まれた小さな国「エルドゥラ」
空を飛ぶことを禁止されたその国で亡き父親の夢を実現させようと。
少年「ニット」は虐められながらも心は空に。

ある日、羽の付いた生き物に乗った男が堕ちてきます。
彼に出逢ったことにより動き出すニットの運命。
東から大風が吹く朝、少年は空を飛ぶ・・・

ということで。
「天空の城ラピュタ」みたいな少年冒険活劇モノです。

父親の夢を引き継ぎ、空を飛ぶ。
「ラストエグザイル」なんかもそうでしたっけ。
テーマとしてはありふれた、だが単純に純粋に燃えるストーリーではないでしょうか。

特長として「リンドバーグ」と呼ばれる飛行竜の存在。
単にワイバーンやドラゴンみたいな羽ではなく。
クラシックな複葉機型の羽を持つ彼ら。
なんとも冒険心あふれる、かつノスタルジックな設定。
少年の夢がどんどん膨らんじゃいます。

一見荒いようでディフォルメの効いた絵柄もグウ。
スカイガンナーみたいね。



関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/2571-ba38b074
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫