桃色シンドローム 4

 2009-09-16
KRコミックスさま・高崎ゆうき先生
KRコミックスさま・高崎ゆうき先生

たいへんたいへんたいへんたいだー
自称魔法少女とロリとヘンタイお兄さんのコメディ
「桃色シンドローム」第四巻。


大戦時に特殊兵器として開発された魔法少女「モモ」
しかし今や平和な時代。
一人暮らしの大学生「土御門スミヤ」の家に居候して。
騙されてエロ知識を吸収する日々なのでした。

今巻では近所に住むロリ「星野カナ」と主人公スミヤの出逢い編。

年上だけど、どう見ても小学生なカナ。
いつもロリっ子として玩具のように扱われ。
騙され、からかわれ、コスプレされ、縛られ、カイロ替わりにされ。

あまりに不憫な扱いに、いつも涙目の彼女ですが。
不思議と暇さえあればスミヤの家へ足を運ぶ。
そんなカナのスミヤに対する思いとは・・・


ということで。
基本的にはヘンタイ主人公がロリたちをからかうマンガなのですが。
不思議とその先。
「一線を越えよう」とか、そういうのがありません。

イヤラシイけどイヤらしくないマンガ。

エロい事ばかり言うスミヤですが。
彼の家に複雑な事情があるようでして。
いろいろ変なことを言いながらも彼の本当の優しさを知っているカナ。

ただのヘンタイマンガから深いぃ感じになってまいりましたよ。
魔法少女モモのイキナリ首を絞めてくるなどの異常行動にも注目です。
関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/2455-58ec09ee
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫