漫画 ひぐらしのなく頃に解 祭囃し編 2

 2009-06-22
鈴羅木かりん先生・竜騎士07先生
鈴羅木かりん先生・竜騎士07先生

来期のアニメでは「うみねこ~」がやるそうで。
ゲームとかも手を出してなくて結構楽しみにしていたのですが。
ウチでは見れない環境。
くやしいのう。

私にはひぐらしがあるからいーんだもん。
ということで「まつりばやし編」第二巻から。

9作品目の第2巻ということで、もうどれがどれやら。
表紙を見ただけではどの辺の話なのかサッパリで。
新刊がどれだか解らないので既刊全部平積みするのヤメテ!

表紙はサトコですが祭囃しは鷹野34さんのストーリーでしたね。

孤児として不遇な少女時代を過ごしてきた鷹野さん。
優しいジイさんに拾われ、訪れる小さな幸せ。
だが長くは続かない。

ヒナミザワの寄生虫を研究するジイさんの論文が踏みにじられる時。
彼の意志を継ぎ、少女は神になる決意をする・・・

ということで。
第二巻では鷹野さんが寄生虫狂いになっちゃうところですね。

現代人が花粉症になるのは体内の寄生虫が居なくなったからだ。
という話を以前聞いたことがあるのでしたが。
どうなんでしょうか。

ジイさんの弔いとばかりに鷹野さん。
勉強をし、財界にコネを作り。
ヒナミザワに診療所と称した寄生虫研究所を設立。
天才・入江との出逢いが待っております。

少女時代の鷹野さんが見れるのは今巻までということで。
あどけない少女が切れ者の美人に成長!

ナースのコスプレ! コスプレ?

ひぐらし世界きっての悪女誕生秘話にドキドキですね。
うーん美人だ。



関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/2308-7a80e7e1
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫