漫画 鉄道むすめ

 2009-04-27
MATSUDA98先生
MATSUDA98先生

鉄道旅行したいー
私はテツではないですが、旅ならだんぜん鉄道だね。
今日はトミーの「鉄道むすめ」漫画版。
ドラマはイマイチでしたが漫画なら。

旅行雑誌のライターを努める主人公。
今日は「銚子電鉄」へと足を運びます。
銚子電鉄といえば「ぬれせんべい」で一躍有名になりました所。
そこで出会った女性駅員「外川ツクシ」

ツクシに案内され銚子鉄道の良さを知る記者。
ホンワカとした彼女の雰囲気に包まれる中で。
駅員としての業務姿勢や地域を愛するまごころが伝わってくるのでした。

電車でも女性運転手は珍しくない時代になりましたねえ。

ということで。
美少女+鉄道!
いやね、美少女が戦車に乗ろうがガンダムに乗ろうが良いんですよ。
マシンと美少女の組み合わせってのはなんて素敵なんだろう。

でもコレはちゃんとオフザケではなく鉄道の何たるかを描かれていますから。
自分の仕事に誇りを持つことがこんなに素晴らしいとは。
可愛い絵柄ながらに、彼女らが実にカッコイイんですよ。

銚子、三陸、広島鉄道編を収録。
ちょっとしたテツ情報などもあったり。
巻末にはスタンプ台まで・・・行きたくなるじゃないですか!



関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/2243-34862902
  • 鉄道と漫画・MATSUDA98篇 19才の「鉄道むすめ」はなぜ死んだか【筆不精者の雑彙】
     当ブログでは前にも「鉄道とマンガの話」なるシリーズをやっておりましたが、久しぶりのその続き、みたいな話です。  先日、書店で平積みになっていたのを何気なく見かけ、つい購入してしまったのがこの一冊。 MATSUDA98(ストーリー協力:明科実祐、原案:トミーテ?...
【2009/05/13 00:49】
【2009/04/28 09:48】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫