アーリオ オーリオ

La foresta di comics

漫画 怪異いかさま博覧亭 3

小竹田貴弘先生
小竹田貴弘先生

漫画 怪異いかさま博覧亭 ②

相変わらず読むのに時間のかかる漫画だ・・・
理由としてはとにかく字が多いこと。
そしてその書いてある事が読むに値する面白い内容だということです。

華のお江戸でマッタリ妖怪漫画「いかさま博覧亭」第三巻です。

今巻のメインは表紙の彼ら「つくも神」
他の漫画だと大抵悪さをしたり、人間を襲ったりする彼ら。
ココではそんなことはなく、その愛くるしい姿で魅了してくれます。

つくも神とは長年大事に使っていた道具に神が宿ったもの。
そんな大事にされていた彼らが人間を襲うというのは納得出来ませんからねえ。
マスコットキャラみたいで、みんな可愛いんだコレが。
ヒロイン?蓮花の活躍が少なかったのは残念です。

恒例・豆知識、今回も大変ためになりました。
「生麦大豆二升五合」の呪文を覚えた!
四月一日と書いてワタヌキ!
昔は服を持っていないから、春先に冬物衣類の綿を抜いて夏仕様にする、と。
着物も補修しやすいようにバラバラに出来るそうですね。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/12/10(水) 21:56:58|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<漫画 デ・ジ・キャラット | ホーム | 漫画 ななみくす! 1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/2004-8e35bb7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

マウサー

Author:マウサー
私のお気に入りマンガを
紹介させていただきます

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ツイッター

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード