FC2ブログ

あやかしこ 5

 2018-10-23
ヒジキ先生
ヒジキ先生


…なんか悩んでるなら ちゃんと話してよ


「あやかしこ」第五巻


年末。
外は寒く、あやかし荘の妖たちもコタツに引きこもりがちになりました。
ヒロイン・真帆路の美味しいお鍋を食べ。
すぐにコタツで横になってしまう妖たち。

叱っておかないとダメになっちゃうと。
普段大人しい真帆路が起きろと大声を出すと。
コタツの中で寝ていた猫又・ネネがビックリして怒られたと落ち込んでしまうのでした。


ということで。
ちょっと人付き合いが苦手なヒロインが管理人の。
妖怪美少女たちが住まうアパートメントコメディです。


猫又・ネネを溺愛していたヒロイン・真帆路。
ネネは元ネコなのでツンとした態度が多い妖だったのですが。
怒られたあと、しょぼくれた彼女は珍しく従順で。
真帆路と一緒に寝て、冷えた心と身体を温めるのでした。


クリスマス、大晦日、元旦とイベント目白押しながらも。
寒空に負けないくらいのアットホームな団欒にホッと癒されますね。
この手のタイプの作品は、新キャラクターがどんどん出てきたりするパターンが多いのですが。
キャラクターが増えずに深みを増していくのが良いですね。

ヒロイン・真帆路は女の子同士でも人付き合いが苦手で。
今回、ネネのおかげで一歩前進。
まだ女子高生ながらに未亡人っぽい色気があるのもまた魅力的ですね。

スポンサーサイト

サン娘 THE COMIC 1

 2018-10-23
華師先生・矢立肇先生・金田一秋良先生・射尾卓弥先生
華師先生・矢立肇先生・金田一秋良先生・射尾卓弥先生


これは私が編集したボトムズ名場面集


「サン娘」第一巻


春から学園に転校してきたヒロイン・七星まあち。
アンパンの好きな普通の女の子だったのですが。
学園にて、黒いキューブ状の怪物に襲われてしまうのでした。

窮地に立たされた まあち。
しかし、彼女が持つ携帯デバイスが光を放ち。
「SUN DRIVE」が起動、ロボットの腕がアクティベイトされるのでした。


ということで。
ガンダムで有名なあのサンライズ系ロボたちが。
美少女と融合し「サン娘」として、うれしはずかし堂々の登場であります。
まったくジオン脅威のメカニズム。


ヒロイン・まあちを助けた謎のロボットの腕は「レイズナー」といい。
空を飛び、レイザードライフルで敵を撃ちぬくことが出来ました。

何が何だかわからないのでしたが。
とりあえずレイズナーに感謝する まあち。
そんな彼女の前にまた。
ロボットの腕を持つ少女が現れたのでした。


レイズナー、ザンボット3、インパルスガンダム・・・
お馴染みサンライズロボットたちが。
美少女たちにチカラを貸して戦う戦闘アクション作品ですね。
全身ではなく腕だけが可視化されているというのがカッコイイです。
ムーンアタック、ちゃんとポーズ決めないと出ないのね。

古くてネタがわからないという読者も。
とりあえず可愛くカッコイイ美少女たちの戦闘シーンで大満足することに。
ガノタでありサンライズ作品をこよなく愛する友人・栞ちゃんが燃えているのです。

ソードアート・オンライン マガジン 7

 2018-10-22
img434_20181022194730f7b.jpg


自然破壊・・・ 木がかわいそう・・・


「SAOマガジン」VOL.7


友人・リーファの胸の大きさが気になったシノン。
胸に即席パッドを入れて巨乳感を味わい、アレコレしているうちに。
キリトたちがログインして来てしまって大パニック!

シノンは、とっさに衣装を変えてゴマカすものの。
いつの間にやら女の子たちのファッションショー的な流れとなり。
ドサクサにまぎれて、胸のパッドを一刻も早く消したい彼女なのでした・・・


ということで。
アニメゲームを制覇して、一大コンテンツとなりましたSAO。
その独占マガジンも七冊目に突入いたしました。
キャラクターファイルなど、もう暗唱できるくらい読みつくしているのですが。
何度でも読み返したくなるのがSAOの魅力なんですよね。

アニメ放映中のアリシゼーションの設定資料。
ゲーム・フェイタルバレットの拡張シナリオ情報。
フルカラーギャラリーには、みんな大好き「絶剣・ユウキ」特集と。
ファンとしてはこれ以上に無いコレクションアイテムとして楽しませていただきました。

ワンワン物語 金持ちの犬にしてとは言ったが、フェンリルにしろとは言ってねえ! 1

 2018-10-21
濃口kiki先生・犬魔人先生・こちも先生
濃口kiki先生・犬魔人先生・こちも先生


ガオオオン!!(黙れ小僧!!)


「ワンワン物語」第一巻


例によって社畜サラリーマンが過労で死亡。
今度生まれ変わったら。
金持ちの家で飼われている犬みたいに暢気に暮らしたいなあ、と。

その夢が叶い。
異世界転生した主人公は大きなお屋敷に子犬・ロウタとして貰われていきました。

美少女なお嬢様に溺愛されて幸せな日々が一ヶ月過ぎようとしたころ。
ロウタの身体は犬とは思えないほど大きくなってしまったのでした。


ということで。
今回の異世界なろう物語はワンワンです。
蜘蛛やスライムなど人外に転生するのはよくあることで。
今回はただの犬かと、あまり期待はしていなかったのですが・・・


大きなお屋敷、美味しいエサと可愛らしいご主人。
生前死に際の夢が叶って、最高な日々を送る犬・ロウタ。
しかし。
ただの犬がこんなに大きくなるわけが無い、魔獣の類だ、と。
お屋敷に居た用心棒女戦士・ゼノビアはロウタのことを常に警戒しているのでした。


金持ちお屋敷の犬として可愛がられて、一生過ごしたい彼は。
よくあるファンタジー界を蹂躙するような野望は無く。
のほほーんとした雰囲気が楽しく気持ちの良い世界観ですね。
そのくせフェンリルという魔獣なので、実は強いという設定も安心感ありますし。
用心棒・ゼノビアとの掛け合い漫才がベタだけど笑えました。

ワンワン言ってロウタが人語が喋れない仕様も◎。
ちょっと抜けてる美少女なお嬢様との会話も。
通じてたり通じてなかったり、そんな曖昧さが独特の楽しさを生み出しておりますね。

ローゼンメイデン ゼロ 3

 2018-10-20
PEACH-PIT先生
PEACH-PIT先生


貴女の戦い方って 頭悪そうよねぇ


「ローゼンメイデン0」第三巻


人間の姉妹マスターたちと共に。
ローゼンメイデン第ゼロドールの秘密を探る翠星石と蒼星石。
暗躍する水銀燈。
蒼星石の片目を使い動き始めた「てふ子」人形とは・・・


ということで。
舞台を大正時代に映した有名ドールアクション。
この古めかしさがドールたちにマッチしているんですよね。


巷を騒がす人さらい・兎頭のこともあり。
翠蒼探偵団を立ち上げ調査に乗り出す彼女たち。
果たして「てふ子」は第ゼロドールなのか。
帝都消滅まで話が膨らみ。
あのラプラスの魔がまた現れたのでした。


この時代に来てもクンクン仕込みの探偵好きは
相変わらずですね。
怪しい若旦那が復活させた真紅。
イメージカラー赤から黒に変わってしまった彼女は一体…


ダンベル何キロ持てる? 5

 2018-10-20
サンドロビッチ・ヤバ子先生・MAAM先生
サンドロビッチ・ヤバ子先生・MAAM先生


女子が脇締めしてる画はメッチャ数字が獲れる


「ダンベル何キロ持てる?」第五巻


コスプレが趣味の女教師・立花里美。
賞金が目当てでTV番組「筋肉王決定戦」に出場することにしました。
しかし、そこに出場する選手に中で異様に目立つ選手が。
坂口めい という彼女はプロコスプレイヤーにして里美の宿敵なのでした。


ということで。
美少女たちが汗水流して筋肉を鍛えるマッスルコミックです。
こういうネタっぽい作品はインパクト重視ですぐに終わってしまうことがよくあるのですが。
現在第五巻で継続中と末永く楽しめそうですね。


可愛い見た目はよくても筋肉は嘘はつかず。
番組に出場した坂口めいはアッサリと敗退してしまいました。
悔しさをバネに芸能界で活躍したいがため。
ヒロイン・ひびきらが通うジムに入会し、彼女もまた筋肉のトリコになるのでした。


新キャラも登場し。
ジムでお馴染み「ルームランナー」や「アブローラー」など。
今回もまた楽しいマッスルボディの鍛え方が解説されております。

火照った身体が蒸気し、輝く汗。
美少女たちの艶かしくも引き締まったボディが美しい。
自分もやれば出来るのではないかと。
読むだけでチカラが沸いてくるような感覚は気のせいではないのでしょう。

はるか、澄みわたる

 2018-10-19
松並香葉先生
松並香葉先生


私も こんな素敵を自分で見つけてみたいです…!


「はるか、澄みわたる」


旅好きな主人公・誠一郎が地元で出会った和服の似合う可愛い少女。
そんな彼女に一目惚れ。

高校二年に進級した誠一郎は新入生として入ってきた和服の子と再会し。
コレは運命だと確信し、声をかけるも。
おとなしそうな態度が一変、「失せろ」と一喝されてしまうのでした。


ということで。
ちょっと優柔不断な主人公と、二重人格ヒロインのラブストーリー。
ランチさんみたいに性格がらっと変わっちゃうの楽しくて好きですね。


幼少の頃、いじめられたのが原因でもう一つの人格が生まれてしまったヒロイン・はるの。
激しい人格の方・優雅に拒絶されたものの。
はるののちからになりたい主人公・誠一郎は。
彼女に素敵な風景を見せ、元気付けようとするのです。

川越や高尾山など私の好きな場所も登場し。
散策好きの私としては実に羨ましくて楽しい作品です。
引っ込み思案な元からの性格と不良っぽい別人格。
それに悩むヒロインを。
散策に連れて行きながら落としにかかる主人公がなんともプレイボーイですね。

自分の中の殻を破る少女の勇気に感動させられた作品であります。

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫